ネット上からご購入いただけるようになりました!

マンネングサ(万年草) – 生命力の強い多肉植物の雑草

コンクリートの上に群生するマンネングサ
LINEで送る
Pocket

道端、アスファルトの隙間、そんな場所に群生している多肉植物の雑草に目を奪われることがあります。
葉の形状が美しい、マンネングサです。

「万年草」と呼ばれるほどの生命力

マンネングサ(万年草) - 生命力の強い多肉植物の雑草

マンネングサはベンケイソウ科の植物。漢字名は万年草、英名はstonecrop。
夏に花を咲かせる多年草です。

上の写真はコンクリートの階段の隅に群生する、ツルマンネングサ。

万年草と呼ばれるとおり、なかなか枯れない生命力を持ち合わせています。
通常、植物は日中に気孔から二酸化炭素を取り込んで光合成をおこないますが、マンネングサの仲間は夜間に気孔を開いて二酸化炭素を貯め、それを日中の光合成に利用しています。
マンネングサの仲間は多肉の厚い葉のなかに水分を蓄えているため乾燥に強く、炎天下のなかに放置しておいても根を出すと言われています。

セメントプランターとも相性抜群のマンネングサ

属名のセダムの名で園芸植物としても用いられているだけあり、マンネングサの仲間は見栄えも美しいものが多いです。

ツルマンネングサの黄色い花

5〜7月頃に綺麗な黄色い花を咲かせます。群生しているととても美しいです。

セメントプランターとも相性抜群のその姿。
愛らしい多肉の葉とその蓮華のような形状は観賞していると愛着が湧いてきます。

LINEで送る
Pocket

ishikawa

筆者・制作者

ishikawa

コンクリートを破って育つ雑草の美しさ。
その美しさに魅了されたことがきっかけとなり、セメントで鉢を作っています。

普段は気にも留めなかった雑草を、鉢に入れて生活空間に持ち込んでみます。
すると、不思議と愛でたくなる気持ちが突然湧いてくるのです。

大勢の中から独立させることで見えてくる、雑草そのものの美しさ。
見えなかった、見ようとしなかったものを「見てみる」ことで生まれる「気付き」を。



 

feedly